キャリアロード・ユニオン(CR UNION)
キャリアロードの派遣スタッフでつくる労働組合です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャリアロードユニオン結成/団体交渉申し入れ・その2
 4月11日キャリアロードユニオンが結成され、その日のうちに団体交渉を申し入れた。
 キャリアロード株式会社は日通グループ人材派遣会社であり、本社は半蔵門駅のすぐ近くで事務所に立ち入るには暗証番号がいる。社内を覗いてみたのだが、社員がいっぱいる。普通の会社みたいだ。ヒップホップが大音量で流れているエムクルーとは随分違う雰囲気である。
 4割から6割と言われるマージン率、資本主義のなかで行き詰まっていく製造業等の産業を尻目に考案された集金システムなのである。その集金力によって各事業所の内勤スタッフや本社の社員もまた生活の糧をえる。僕が派遣された職場では9時間働いて7800円、時給にすると866円だった。25キロも袋を一日中180袋ぐらい運ぶ、悲鳴をあげるのは体ばかりではなく、ツメも粉砕、そこから化膿して指先はパンパンに腫れ上がった。
 僕は正社員などどうなってもよいという発言には全く同意しない。しかし、現場で派遣されている労働者が集金システムの原動力であることは疑い得ない事実である。
 今回は派遣先で起こったセクハラ事件の責任追及も行う、原動力でありながらセクハラを受け、抗議したところ仕事を紹介するわけにはいかないなどと言われる。どういうことなんだ。派遣労働者の仲間たち、皆が自立していないとか、努力をしなかったからだというのは真っ赤なウソである。労災隠しが発覚したグッドウィルは、派遣労働者の労働によって巨大な富をつくっていた。悪徳会社を肥やすマージン率を規制しないといけない。巨悪と闘い、私たちの世界を開始しよう。

三浦仁士(キャリアロードユニオン書記長)
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


雇われ人根性
雇われ人根性というのか、何かにつけて『会社にたてつくのはやめよう、私は仕事を干されたくない』というムキは多い!だが私たちユニオンは声をあげる者に不当な扱いをする会社は許せない。
佐々木 | URL | 2008/05/14/Wed 19:48 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © キャリアロード・ユニオン(CR UNION). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。